Menu

ごあいさつ

学園長・学校長からのごあいさつ

臼井 溢
医療法人社団 明徳会 青翔学園
静岡医療科学専門大学校 学園長 医学博士臼井 溢

 The education is firingという言葉があります。「教育とは心に火をつけることである」と訳します。わが青翔学園の建学の精神はこれです。学問、真理の探究に情熱を注ぐ心。医療、福祉に奉仕する心。創造、発展に向けて不屈の努力をする心。わが学園に入学を希望される真摯な学生諸君には、そのような心があると思います。私共はその心に火をつけたい。そしてその火が学園の教室及び関連病院、福祉施設等の実習の場から燎原の火のように燃えさかり、育ち、日本の医療、福祉を照し、支える立派な人材を輩出するような学園でありたいと願っています。そのために私共は、優秀な教授陣を招聘し、隣接する関連病院、福祉施設との連携により、生きた学習、教育の場を提供い学生諸君の創造力、思考力、表現力を喚起したいと願っています。

 本校は平成8年4月に開学し、理学療法学科、作業療法学科、医学工学科に加えて平成18年4月、看護学科を開設しましたが看護学科の施設は総面積約3,000㎡と、大規模でありそれにともなってテニスコートの移設、運動場の新設、青翔学園同窓会館、学生ホール(190席)、植物園の新設がなされ、本校の施設はさらに充実しました。平成22年4月に静岡県内で勤務する看護師の8割が看護専門学校の卒業生であるのに、その方々が助産師免許を取得できるコースがありませんでしたので本校では、助産師を目指す看護師の方々の要望に応えて、助産学科(看護師有資格・1年制)を開設し、平成27年4月には医学検査学科、更に平成30年4月には医学放射線学科を開設しました。臨床検査技師、診療放射線技師は病院になくてはならない重要な医療専門職ですが、今まで静岡県に養成校がなく、本校に開設されることになりました。

本校入学の目的は国家資格を得て医学系専門職になることですから、国家試験の合格率は受験生諸君の最大の関心事であります。本校の国家試験合格率は、毎年100%に近い高合格率を誇っていますが、これは学生と教員が大きな志を持ち、熱心に一体となって勉学に取り組んでいるからであります。建学の精神である文武両道の高揚を目指す本校では、体育館兼講堂(造士館)と中央図書館、同窓会館、テニスコート、グラウンドを備えており、充実した施設で学生は勉学、スポーツに、切磋琢磨して日々研鑽に努めています。本校運動部の活躍はめざましく、野球部が平成14年「第14回全国専門学校軟式野球大会」において優勝、出場約250校の頂点に立ちました。さらに平成18年にも再度全国優勝を果たしました。その他、サッカー部、バレーボール部、駅伝部等も素晴らしい実績を残しています。また、武道部、茶道、華道など、日本文化を学ぶ部活動も盛んに行われています。汗を流し精神を鍛え、礼儀や作法を学ぶことは、人問としての幅を広げ、将来臨床現場で必ず役立つことでしょう。平成11年より卒業生と在校生の交流を図るため、同窓会誌「青翔学園報」を年2回発行し、平成15年4月には、本校の卒業生の学術研究発表会である「青翔学会」を創設。多数の卒業生の参加を得て盛んな研究発表がなされ、その成果が青翔学会誌に発表されるなど、卒後研究活動も活発に行われていますが、令和元年から青翔学会誌を「青翔保健医学Journal」と名称を変更し、更なる発展が期待されています。本校は7学科を擁し、チーム医療を学ぶにふさわしい、日本最大規模の医学系専門大学校として更に発展を約束されています。本校は、既に2800名を越す卒業生が、保健医学のスペシャリストとして医療界で大活躍しています。平成27年には、校門及び正面庭園の整備、記念碑の建設、学校名の変更など開学20周年事業を実施しました。皆さんも、本校の同窓生に加わりませんか。

1964年
金沢大学医学部卒業
1970年
金沢大学大学院医学研究科卒業
医学博士取得
1986年
十全記念病院 院長就任
1988年
医療法人社団明徳会創立
理事長就任
1996年
静岡医療科学専門学校開校
2001年〜2003年3月
金沢大学客員教授就任
2016年
静岡医療科学専門大学校に改称
金山 尚裕
大学校長 医学博士金山 尚裕

 少子高齢化の日本において、医療の発展は国民にもっとも期待されている分野といっても過言ではありません。成育医療から高齢者医療まで、人生の様々なライフステージに医療は密接に係わっています。その医療に国民が求める要望は、「安心して医療を受けられる病院や介護施設の整備」とともに「医療従事者の資質の向上」です。このような国民の要望に答えるには、医療に関わるすべての分野で優秀な医療人を育成することが求められます。本学は平成8年に開学され、現在7つの学科を擁しています。地域医療に貢献し、日本・世界に羽ばたくような医療人を養成することを目指し、多くの優秀な看護師、助産師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、臨床検査技師、放射線技師を輩出してきました。

 本校の建学の精神は、一 熱意あふれる教育、二 文武両道、三 優れた医療人の養成であります。熱意あふれる教育とは、優秀なスペシャリストの養成を目指し、医療現場を長年経験した多くの教職員が、臨床に則した教育を行うことです。文武両道については、勉強することと運動は表裏一体のものです。スポーツにより脳も活性化します。本校には12の部活動があり各種スポーツ大会で優秀な成績を収めています。最後の優れた医療人の養成においては、自己解決能力を鍛えることに力を注いでいます。講義で常に疑問を持つこと、実習では観察力を研ぎ澄ますことで自身の課題を見出すことができます。我々教職員はその課題の解決のため、共に考え熱き指導を行います。チーム医療は現在もっとも求められているものです。チーム医療促進のためにはコミュニケーション能力を鍛えることが肝要ですが、本校はこれにも力を入れています。高いコミュニケーション能力を持つ人間は、多くの恩師、友人、知人を得ることができ、自分自身の幸せにも繋がります。本校では様々な医療分野を目指す若者が多く活気に満ちており、在学中に十分なコミュニケーション能力が習得できます。本校では、充実した学園生活によりどの学科も高い国家試験合格率を保っています。将来の医療に夢をもつ人材が本校に入学されることを心よりお待ちしています。

1980年
浜松医科大学医学部卒業
1999年
浜松医科大学産婦人科学教授
2016年
浜松医科大学理事・副学長
2018年
浜松医科大学医学部附属病院院長
2020年
静岡医療科学専門大学校
大学校長就任

PAGE
TOP